無印良品週間でワーキングチェア ブラックを買いました!組立編です

無印良品週間でワーキングチェア ブラックを買いました!組立編です

先日、無印良品でタモ材のデスク天板と、脚を買いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今ある椅子は高さの調節ができず、新しいデスクと高さが合わないため、11月の無印良品週間でワーキングチェアを買いました。

ずっと欲しかったやつです。

PB240150.JPG

無印良品週間だったので2つで16,000円のところ、14,100円とお買い得でした。

ちなみに近くの無印のお店で注文し、引き取って車に積んできたので送料は無料でした。

ワーキングチェア一式開封の議!

順番に箱を開けていきます。まずは小さい方のアームセットから…

PB240151

こんな感じ。まったく同じ左右対称のアームが2つとねじと取り付け説明書が入っていました。

次にワーキングチェア本体をあけます。これは重くて大変そう…

PB240152

いつものように段ボールや梱包材と格闘。ワーキングチェア本体も同様に、椅子の部品が別れて入っていました。

アームと合わせると全部で7つのパーツ。

PB240154

無印良品ワーキングチェアを組み立ててみよう!

椅子の組立ってけっこう大変なんですよね〜。組立説明書に沿って組み立てます。

PB240155

まずはアームを6本のねじとワッシャーで椅子の座面裏に取り付けます。全てレンチです。

PB240157

次はいよいよ本体です。さらに複雑な組立説明書が登場(汗)

PB240158

脚の部分にシリンダーをつけ、その上からキャップをかぶせます。

PB240159

座面の裏についていた、この4つのパーツを一端外します。

PB240161

外すと座面の裏には1本のねじ棒だけが残ります。

PB240162

そして椅子の背もたれをつけます。↓この小さなピンを外し、横に渡してあるシルバーの棒を抜きます。

PB240163

背もたれと座面を接合します。さっき抜いたシルバーの棒を通してまたピンで留めます。

PB240164

4つの部品を元通りにつけます。ねじをしめる感じです。

こんな感じ↓ボルトを一㎜出してくださいとのこと。結構締めるのがキツかったけどできました。

PB240165

ワーキングチェア完成〜!!

ということで完成しました!

高さを10センチくらいの間で調節できます。これが一番低い状態です↓

PB240166

そしてこれが一番高さを高くした状態です。↓シリンダー部分が伸びているのがわかりますでしょうか?

PB240168

机の高さと椅子の高さがちょうどいい具合です。

PB240171

う〜ん!オフィスみたい!!よっ!社長!!(の割にリーズナブルですね。ま、気分です)

PB240174.JPG

まとめ〜高さ調節ができ、おしゃれで快適!

ずっと欲しくてワーキングチェアはいろいろ探したのですが、やっぱり同じ無印でそろえて正解でした。

  • 高さが調節できる
  • シンプルなデザインが好き
  • 座り心地もまずまず
  • お値段もちょうどいい
  • アームはなんとなくリッチな気分を味わえる
  • 黒は案外圧迫感がなくていい!

満足なお買い物でした。真っ黒なので、汚れないように気をつけたいと思います。

*この記事に掲載した写真はE-P5を使用して撮影しました
   

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でEDiT NEW LiFE.をフォローしよう!

Sponsored Link

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)