【MarsEdit】All in One SEO PackをMarsEditで使う設定&wpXサーバーのFTP接続先変更

【MarsEdit】All in One SEO PackをMarsEditで使う設定&wpXサーバーのFTP接続先変更

delaymania.comさんのこちらの記事を読み、WordPressのSEO対策プラグイン「All in One SEO Pack」をMarsEditで使えるようにしたいとずっと思っていました。

WordPressのプラグイン「All in One SEO Psck」をMarsEditで使う方法

wpXサーバーではmeta.phpをいじることができなかった…

しかし、私が使用しているサーバーxpXでは、当初からFTP接続先がWordPressの/wp-contentにしかアクセスすることができませんでした。

なので/wp-includes内のmeta.phpをいじることすらできず、やむなくこの方法をあきらめていました。

ところが、2013年12月のwpXのアップデートにより、「WordPressインストール先直下」にアクセスできるようになったんです!

〜FTP接続先フォルダ変更オプション」追加のお知らせ(wpX)

ずっとやりたかった、MarsEditとAll in One SEOとの連携を、wpXサーバーで行う手順について書きました。

WordPressのプラグイン「All in One SEOPack」をMarsEditで使えるようにするには??

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. App

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング

価格: ¥4,000
WordPressでのブログ投稿がとてもラクになるMarsEditですが、プラグイン「All in One SEO」でできる、タイトルやキーワードを記述するにはある設定が必要なんです。

参考にさせて頂いた記事

MarsEditでWordPressのプラグイン・All in One SEO Packを使う方法

MarsEdit初期設定(あかめ女子のWebメモ)

まず

  • wp-includes/meta.phpを編集して書き換える
  • MarsEditでカスタムフィールドに追加する

の作業が必要です。

wpXで /wp-content以外にアクセスする方法

作業手順はwpXのマニュアルにも書かれています。

http://www.wpx.ne.jp/cloud/manual/ftp_add.php

まずはwpX管理パネルから、アクセスしたいWordPressの設定画面に入ります。

スクリーンショット 2014 02 27 18 01 11

そして、FTPアカウント設定をクリック

スクリーンショット 2014 02 27 17 52 32

初期設定では、FTP接続先フォルダはwp-contentになっていますが、「設定編集」をクリックして、

スクリーンショット 2014 02 27 17 53 56

「全てのファイル・フォルダにアクセスする」にチェックを入れて、設定変更をクリック。

スクリーンショット 2014 02 27 17 53 05

すると「WordPressインストール先直下にアクセス」に変わるので、「確定」をクリック

スクリーンショット 2014 02 27 17 54 16

WordPress全てのファイル・フォルダへのアクセスが可能になりました!!

これでやっと1の設定をする準備が整いました。

スクリーンショット 2014 02 27 17 55 12

MarsEditで「All in One SEO Pack」を使えるようにするための手順

/wp-includes/meta.phpをテキストエディタで開いて編集

置き換えするコードは、こちらの記事こちらの記事を参考になさって下さい!!

置き換え作業はWindowsのTerraPadで行いました。Macではテキストエディタ「mi」を使うと置き換えできます。

私のTerraPadの設定では897行目あたりでした。

P2240215

置き換えが完了したら上書き保存してアップロードします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

MarsEditでカスタムフィールドを追加

MarsEditを立ち上げて、自分のサイト名をダブルクリックしてカスタムフィールドを表示させます。

スクリーンショット 2014 02 25 6 03 05

カスタムフィールドを追加します。

_aioseop_title, _aioseop_description, and _aioseop_keywords

スクリーンショット 2014 02 25 6 10 17

するとMarsEditの投稿編集画面に先程設定したカスタムフィールドが現れました。

スクリーンショット_2014-02-26_19.53.26

投稿する際にAllinOneSEOのDescription(解説)、Keywords(キーワード)などを入力し、「Send to Blog」をクリックすると…

はい、ちゃんとWordPressのダッシュボードで投稿の編集画面の下にある「All in SEO Pack」設定欄に反映されています!!成功です!!

(タイトルは同じでいいので空欄にしています。)

スクリーンショット 2014 02 26 20 28 56

まとめ〜これでだいぶラクになった!

ずっとやりたかった設定だったので、できて本当によかったです。

「All in oneSEO Pack for Mars Edit」プラグインを入れるとバージョンアップのために書き換えの必要がなくなる

ただ、今回の方法、WordPressのバージョンアップの度にmeta-phpを書き換えないといけないのですが、このプラグインを使えば、アップデートの度に書き換える必要は無いそうです。

参考記事

Screenshot

All in SEO使ってMarsEditでブログ書いてる奴、これいれとけ、捗るぞ(mbdb)” ]

MarsEditでできることはできるだけ済ませると、WordPressのダッシュボードでやる作業が減り、とても楽…

あ〜うれしいなあ!!

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. App

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング

価格: ¥4,000

WordPress Perfect GuideBook 3.x対応版
佐々木 恵
ソーテック社
売り上げランキング: 5,723

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でEDiT NEW LiFE.をフォローしよう!

Sponsored Link

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)