やっぱりテンキーは便利!iMacのApple Wireless KeyboardをApple Keyboard(テンキー付き)に交換

やっぱりテンキーは便利!iMacのApple Wireless KeyboardをApple Keyboard(テンキー付き)に交換

昨年の12月に購入したiMac27inchでは、Apple Wireless Keyboard を使ってきました。

ケーブルがなくてカッコイイなあと思ったのですが、Wirelessだとテンキーがありません。

thDSC_0007

数字入力の際、テンキー付きのほうが何かと便利だと思って、Apple Keyboard(テンキー付き)に買い替えました。

Apple Keyboard テンキー付き -JIS MB110J/B

※記事の最後に動画で解説しています。よろしければ御覧ください!

Apple Keyboard (テンキー付き)開封&外観チェック!

こちらがテンキー付きキーボードです。

thDSC_0011

Apple製品は箱まで美しいです。

thDSC_0012

オープン!!前と同じJIS配列にしました。

thDSC_0014

箱のなかにはキーボードと説明書、USB延長ケーブルが入っていました。

thDSC_0017

このAppleのUSB延長ケーブルいいですね。iPhone用とかに売ればいいのに…

thDSC_0019

ペリペリを剥がしました。表です

thDSC_0022

裏です。

thDSC_0023

テンキー部分。ドキュメントナビゲーションキー(Page Up、Page Down、Home、End)とフルサイズの矢印キーも装備

thDSC_0029

左右2箇所にUSBポートがあります。

USB 2.0ポート2基には、Mouse、デジタルカメラやプリンタなどの様々な高速USB周辺機器を接続できます

thDSC_0035

Apple Wireless Keyboardとテンキー付きキーボードを比べてみよう!

こちらが今まで使っていたワイヤレスタイプのApple Keyboardです。

thDSC_0002

大きさを比べてみるとこんな感じ。横幅はテンキーの分だけ増しました。

キー配列は全く同じです。

thDSC_0028

横から見ると

thDSC_0030

電池の分だけ高さが低く感じますが実際の傾斜は同じです。

thDSC_0040

 キーボードカバーを装着!

今回は汚れ防止のためにキーボードカバー・Pure Touch Key Protector #101 for Apple Keyboard (テンキー付き-JIS-US) / PTKP101を買いました。

素のまま使うのが一番かっこいいと思いますが、何かこぼした時や、お掃除が大変なので…

thDSC_0043

4面の両面テープを剥がしてサイドに貼り付けるだけなのでとても簡単でした。

とても薄いカバーでピッタリ貼ることができました。打つ感じもさほど変わりません。

thDSC_0047

このキーボードカバーについてきたこの透明な6個のポッチ

thDSC_0048

Amazonのレビューでも絶賛している方がいたのですが、このポッチを貼ることで高さが少し出て、滑りにくく安定してとてもいいです。

thDSC_0049

感想とまとめ〜テンキーは何かと便利!電池交換の手間がなくなった

横に大きくなったので、置き方が今までと若干間隔が違いますが、とてもいいです。

Before

thDSC_0005

AFTER

thDSC_0037

有線になりましたが、さほどケーブルは気になりません。テンキー付きでWirelessのが出れば最高ですが…

テンキーがあると数字を続けて入力する時(宅配の伝票番号を入力するときや、金額を入力するとき、番号を入力するとき)などにとても便利です。また、Wirelessでは電池がなくなる心配がありましたがこれからはその心配がなくなりスッキリしました。

今回の動画はこちら!

今回ご紹介した商品はこちら!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でEDiT NEW LiFE.をフォローしよう!

Sponsored Link