結局バッテリーチャージャーを別で買うことに…(汗)SONY アクセサリーキット ACC-TRW

結局バッテリーチャージャーを別で買うことに…(汗)SONY アクセサリーキット ACC-TRW

α5100のバッテリー充電のために SONY アクセサリーキット「ACC-TRW」 ACC-TRWを買いました。

※記事の最後に動画レビューがありますのでよろしければ御覧ください!!

SONY アクセサリーキット「ACC-TRW」 ACC-TRW

α5100にはバッテリーチャージャーが付いていない

デジカメの多くは、バッテリーチャージャーが付属していて、バッテリーをカメラ本体から取り外して充電します。

でもα5100にはバッテリーチャージャーがないんです!なのでバッテリーがなくなるといちいち本体にケーブルを挿して充電しないといけなくてこれがなかなか不便でした。

DSC00381

今回買ったSONY アクセサリーキット「ACC-TRW」は、SONY バッテリーチャージャー BC-TRWソニー リチャージャブルバッテリーパック NP-FW50がセットになった商品です。

Amazonだとそれぞれ単品で買うより3000円くらい安く手に入れることができます。 ちょうど予備のバッテリーも欲しかったのでこちらを選びました。

DSC00377

ACC-TRW開封&使い方

まずは同梱物の確認。

バッテリーチャージャーとインフォリチウムWタイプのバッテリー、説明書、保証書

DSC00383

チャージャーはとてもコンパクト

DSC00384

コンセント部分は収納できます。

DSC00386

バッテリーを入れて電源に指すとオレンジの充電ランプが点灯します。

充電が終わると消えます。

DSC00389

LED搭載なので、3段階で詳細な充電時間が確認できます。

DSC00387

本体内充電だと280分かかりますが、バッテリーチャージャーを使うと220分で充電できます。

1時間ほど充電時間を短縮できます。

DSC00379

まとめと感想〜ないと不便なバッテリーチャージャー

バッテリーチャージャーを別で買うのは面倒だったのですが、やっぱりないと不便!

E-PL7とくらべてα5100はAmazon価格で現在7400円ほど安いですが、SONY バッテリーチャージャー BC-TRWを単品で買うと5,430円くらいしますし、いろんな機能を総合的に考えると、どちらのミラーレスが安いのか高いのかわからないですね(笑)

今回の商品を動画でチェック!

今回ご紹介した商品はこちら!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でEDiT NEW LiFE.をフォローしよう!

Sponsored Link