新幹線の車内清掃でも使われているマキタの充電式クリーナー

新幹線の車内清掃でも使われているマキタの充電式クリーナー

ささっとちょっとした場所の掃除用にマキタの充電式クリーナーを買いました!

makita 充電式クリーナ バッテリ内蔵式 4076DWR

makita 充電式クリーナ バッテリ内蔵式 4076DWR

今回はクーポンを使ってディノスで購入しました。

th_DSC_0243

紙パック式です。

th_DSC_0258

箱をかけるとこんなにホースが付属していました。

th_DSC_0263

よく見ると通常はじゅうたん用ノズル、フレキシブルホース、たな用ブラシは別売りで特別付属品だそう。

th_DSC_0260

色はワインレッド

th_DSC_0270

初めに入っていたのは、洗って繰り返し使えるダストパック

th_DSC_0280

紙のダストパックも10枚入っていました。

th_DSC_0289

ここがオンオフのスイッチ。強と標準の2段階で調節できます。

th_DSC_0283

充電してみましょう。3時間で満充電です。

th_DSC_0290

マキタで早速掃除してみました!

まずは部屋から。小回りがきくので狭い場所もラクラク。

th_DSC_0296

軽いのでテレビボードの上や、

th_DSC_0298

トイレの床、

th_DSC_0301

階段だって掃除できます!

大きい掃除機を持ちながら階段掃除するのは大変で普段はモップですませていたのでホコリをちゃんと吸えていなかったんですよね(汗)

th_DSC_0326

ざっと5分位掃除してこんなにホコリを吸い取っていました。

ビーズとかもある。吸引力はなかなかのもの!

th_DSC_0330

マキタの掃除機、収納は??

気になる収納ですが、クリーナー本体に引っ掛けるためのフックがついているので、

th_DSC_0284

私の場合は、廊下のオイルヒーターにS字フックを引っ掛けてそこに掛けました。

th_DSC_0319

感想とまとめ〜さすが世界のマキタ、掃除する回数が増えそう

th_DSC_0306

新幹線の車内清掃でも使われているというマキタの充電クリーナー。

吸引力はプラグを挿すタイプの大きい掃除機と比べると弱いですが、それでも取りたいホコリはちゃんと吸ってくれる十分んな吸引力があります。

何より普段掃除をあきらめていたすみっこや階段も掃除機をかけることができ、いままでよりまめに掃除できるのが一番のメリットです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でEDiT NEW LiFE.をフォローしよう!

Sponsored Link

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)