Blue Microphones USBコンデンサーマイク Yeti Pro

Blue Microphones USBコンデンサーマイク Yeti Pro

パソコン(Mac)で画面をキャプチャしながらアフレコを録る時のために、Blue Microphones USBコンデンサーマイク  Yeti Proを買いました!

Blue Microphones USBコンデンサーマイク Windows/Mac対応 Yeti Pro

今回はサウンドハウスさんで購入。

th_DSC_1949

USBマイクは、オーディオインターフェイスを別で買わなくても、直接USBケーブルをパソコンにつなぎすぐ録音ができるという便利なマイク。

Yeti Proは、USBだけでなく、XLR接続端子を搭載しており、Macにも対応しています。

th_DSC_1950

Yeti Proは24 bit/192 kHzデジタル・レコーディング・レゾリューションとアナログXLR出力を同居させることに成功した世界初のUSBマイクロフォン。
3種類のカスタム・コンデンサーカプセルを搭載し、4種類の指向特性を実現します。さらに最先端のA/Dコンバーターと独立したアナログ・パスを装備することで、プロフェッショナル・スタジオミキサーやプリアンプでの使用も可能にします。

th_DSC_1953

4種類の指向特性

stereo(ステレオ)…立体音響。前と横 ボーカル、アンサンブルクワイヤ(合唱) インストゥルメンタル(楽器)
cardioid(カージオイド)…ポッドキャストの配信、ボイスオーバー(オリジナルに音声録音、吹き替え)、ボーカル(歌ってみたなど)、インスツルメント(楽器)
omnidirectional(オムニディレクショナル)全方向の無指向性…conference call(会議電話)、フィールド・レコーディング(屋外の録音)、イベント、オーケストラ
bidirectional(バーディレクショナル)双方向、両方向…
インタビュー、インスツルメント(楽器)、ボーカルデュエットなど

th_DSC_1957

こちらがマイク本体。高さは30センチ近くあります。

th_DSC_1960

その他にXLRケーブル、USBケーブル、説明書(英語)が入っていました。

th_DSC_1973

Blueのロゴの下には一時的に音を遮断するミュートボタン、ヘッドホンボリュームのつまみがあります。

th_DSC_1963

裏側には出力のゲインと、指向パターンのダイヤル。

th_DSC_1964

底部もじゃUSB端子、XLR出力端子、ヘッドホンジャック、マイクスタンド用の穴があります。

th_DSC_1967

接続はUSBの差込口にケーブルをつなぐだけと、とっても簡単!

th_DSC_1979

Macの場合、ドライバなどインストールしなくてもすぐに使えます。ミュートのところの赤いランプがつくと電源が入っています。

th_DSC_1982

ヘッドホンで音声をモニタリングするときはヘッドホン端子にヘッドホンをつなぎます。

th_DSC_1984

ためしにFinal Cut ProXで音声を録音してみました。

まず、Final Cut ProXの「ウィンドウ」から「アフレコを録音」をクリック
スクリーンショット 2015-10-12 08.30.27_1

別ウィンドウで録音パネルが開きますので入力を内蔵マイクからBLUE USB Audio 2.0を選択。

スクリーンショット 2015-10-12 08.31.48

あとは入力ボタンを押すだけで簡単に音声をマイクから高音質で録音できました!

スクリーンショット 2015-10-12 08.33.52

気分はDJですね♪ノイズがとても少なく声をはっきりと雰囲気良く録音することができました。

また、Mac内臓のマイクよりも声の輪郭がくっきりとボリュームも大きく録音できます。画面のキャプチャなどを動画として録りたい方、歌ってみたなどを手軽にパソコンで録音したい方にとてもおすすめです!

今回ご紹介した商品

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でEDiT NEW LiFE.をフォローしよう!

Sponsored Link

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)